ASUS製品は、絶対買ってはいけないと後悔したこと

このエントリーを Google ブックマーク に追加
reddit にシェア
LINEで送る
[`yahoo` not found]

ASUSは、特に自作PCユーザーからすると、PC関連製品のトップクラス企業であることは有名かと思います。
最近は、自作でなくとも魅力的なスマートフォンやタブレットなども販売しており、詳しくない方でも名前をどこかで見たことがある人も居るかもしれません。

しかし、買って、もしその商品に何らかの不具合があれば、大後悔するメーカーであることを感じたため注意喚起としてレポートします。

初期不良がたったの14日間:症状による融通も無し

1,2年ほど前、非常に格安のキーボード脱着型タブレット T100HA を購入しました。
最初の3,4日間ほどは問題が無いように思い、普通に使っていました。
しかし7日目ぐらいに、充電しながら使っていると、本体が異常な発熱をし、発熱場所付近を常にタッチしている誤作動も発生しました。
発熱場所は、充電コネクタを差し込んでいる場所で、はじめは何か差し込み方が悪いのかもしれないと、様子を見る事にしました。

そして15日目の夜、使っているとまた発熱し誤作動を起こすようになり、これは初期不良だな、と思いASUSに連絡しました。
最初はどこのメーカーも同じような対応で、再現性を確認するために本体を送って下さい、との事。
そこで注意されたのが、購入後(商品到着後でも可)14日以内であることを証明できる書類を用意すること、でした。
連絡したのが15日目であることを伝えると、受け付けられないの一点張り。
結局最後まで受け付け拒否をされ、本体が修理されることはありませんでした。

ドット欠けがあったり、電源が入らないといったすぐわかる初期不良と、今回の様に少し時間がないとわからない初期不良もあるわけで、そのあたり柔軟に対応してもらえないのは消費者としては安心できないと思いました。

スマートフォンアクセサリ切り捨ての速さ

2014年11月8日発売のZenFone5。執筆日は2016年4月3日ですから、発売してから1年と5ヶ月ほどです。
1年も経過していますから、本体に新製品が出ているのは時代の流れ、当たり前なので良いのですが・・・

私がZenFone5を購入したのは年の暮れ、2014年12月の末でした。SIMカードとSDカードを契約・購入したのは翌年1月のこと。
1月にSIMカードと、SDカードを挿入してからというもの、カバーを開けることはなく過ごしていました。
1年4ヶ月目の先月末、購入した別メーカーのタブレットに不具合が見つかり、メーカーに送ることになったので、タブレットのSDカードをZenFone5に入れようと、カバーを開けました。すると、カバーからボタンが落ちたのです。

ZenFone5の売りの一つに、カバーが自由に交換できる、というものがありました。
ボタンはカバーにつけられており、ボタンが壊れてもカバーを買い替えることで修理不要というものでした。
私は早速カバーを購入しようと色々なサイトを開いてみました・・・が、どこにも売っていないのです。
まだ発売から1年半…すら経っていないのに、純正アクセサリがもう生産終了している。
本体の販売終了でさえ早すぎると感じますが、まさかアクセサリまで生産終了していたとは・・・

サポートに問い合わせても、在庫は無い、とのことでした。

以上のような事がありました。
今までASUSのGPUを使ったりしていて、不具合が無かったのでこういったことに気づきませんでしたが、
ASUSはアフターサポートが最悪な企業であるということ。
買って後悔する前に、買わない選択をしても良いのかなと思います。

去年10月にHuawei製タブレットを購入し、ドット欠けの不具合があったものの我慢の範疇かと思い半年。
だんだんと目につくようになった結果、交換を依頼するメールを送ったところ、Huaweiのアフターサポートはとても素晴らしいと感じました。
(Huawei:中国 , ASUS:台湾

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。